Lotus Exige TypeR Blog
英国製ミッドシップ軽量スポーツカー Lotus Exige Type Rにまつわる日々の出来事
プロフィール

くろエク

Author:くろエク
Lotus Exige S1を所有。
エンジンはK20Aへコンバージョン
サーキット走行を趣味としています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


童夢のスポーツカープロジェクト
僕の愛読しているHPはいくつかあるのですが、
日本のレーシングコンストラクターの童夢のHPもその一つです。

同社代表の林みのる氏のコラムは
歯に衣着せぬ鋭い主張が、ある意味日本人離れしており、いつも楽しく拝読しております。
鋭い主張が時として批判の対象になったりもしていますが、現在の童夢をみると
その猛烈な個性で成長してきたものと納得もいきます。

日本メーカーのワークスチームが2チームもF1に参戦しておきながら
実際にはチームはイギリスとドイツに存在しており、
年間数百億の大金を投入しても、実際日本の技術力や人材育成にはあまり効果がないというのは、確かですね。
こんなことなら同じお金でも日本のモータースポーツの振興に使った方が
よっぽど将来的には効果がみられたのでは?と思います。


最新のコラムでは
長年続けてこられたルマンへの挑戦の終了と
童夢のトリとしてのスポーツカープロジェクト「ISAKU(遺作)」の発信が報告されています。

童夢零のような衝撃があるのでしょうか?

20070424143016.jpg 
今見ても斬新な童夢零。

20070427113248.jpg 
ワコールとのスーパーカープロジェクト JIOTTO CASPITA

個人的には2シーターコンパクトスポーツカーで
PorsheやFerrariなんかの量産車が買える価格でお願いしたいと思います。
 

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://lotusexigetyper.blog53.fc2.com/tb.php/657-8081e84f



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。