FC2ブログ

箱物行政探訪

くろエク在住の大阪も、橋下 徹大阪府知事のおかげで、財政再建に取り掛かりつつあるようで
WTCをはじめとして、人のお金でバブリーに作られた箱物行政の遺産が、ときどきテレビで取り沙汰されるようになりました。

かつて箱物を作った人に実際に接したことのある、自分としては、コスト意識のなさ、税金を使っているという意識のなさを激しく感じたこともあり、
それ以来、地方自治体の人間にはあまり尊敬の念を持てずにいます。
府知事が大阪特区をつくって、地方に財源をもってきても、それをちゃんと使える志の高い人間が果たしているのか・・・
まあ、変化がないところに改善がないとも言えますが・・・

てなわけで、自宅から比較的近い
大阪市立海洋博物館 なにわの海の時空館にいってきました。
2010.5.18 blog 1 
まあ、えらそうなことを言っても子守なので、Golfで出撃。

2010.5.18 blog 2 
大層立派な建物ですが、フランス人建築家ポールアンドリューの設計。
総工費176億のまあ大阪市民の財産ね。
WTC800億とこれだけでも南港エリアは大阪市民の涙の跡ですなあ・・・
はじめに見えてくるのはエントランス棟で、

実際の博物館は奥に見えるガラス張りの円形の建造物なんです。



2010.5.18 blog 3 
人もまばらなりっぱな庭。
2010.5.18 blog 4 

入場料を支払うと、チケットの代わりに古銭風のコインが(解らん予算の使い方ですわ)。

エントランス棟からみた博物館の建物。

2010.5.18 blog 5 


エントランス棟からはいったんえらく立派なエレベーターで地下へ。
2010.5.18 blog 6  

メカニカルな感じで美しいエレベーター。

ホールの前にはノアの方舟のオブジェ。
2010.5.18 blog 7 
エントランス棟から博物館の建物へはなぜか、海底トンネルでつながっています。
2010.5.18 blog 13 

海底トンネルの天井には、それは美しい大阪湾が眺められる円形ののぞき穴が
2010.5.18 blog 8 
海藻とゴミしか見えませんがな・・・
2010.5.18 blog 9 
博物館は総ガラス張りで、天気のよかったこの日は非常に暑かったです。

とくに4階は酷かったです。
2010.5.18 blog 11  
まあ、そんな大人の事情はともかく、ちびには走れ回れる人がすくないところは

大人気。
2010.5.18 blog 10 

一応博物館の目玉、菱垣廻船の実物大のレプリカ。
2010.5.18 blog 12 

帰りには天窓から魚が見えました(笑)。

建物は確かに立派ですが、展示品が建物とバランスがとれてません。近くになーんにもないのもマイナスポイント。美術館とかほかにも見て歩けるような場所があれば、まだいいのですが・・

年間数億円の赤字と、巨額な建設費用。個人的には2回は行きたいと思わない展示内容。建築物としては価値はあるのでしょうが、博物館としてはどうなんでしょう?大阪市民は悔しいので1度は見に行きましょう

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

仕分け大賞物件ですねぇ。
建物建てる事自体を文化事業の一環と思っている
無駄遣いオバカが多いお國ですから。

関東周辺にも立派な建物はあるけれど、そこでやる事が
無い無駄物件が沢山残ってます(怒

ろんさん
要らんものを建てると、建築費だけでなく維持費がずっと財政を圧迫するので大変ですねえ。
大阪府にもいろんなひどい箱物が散在してます。

人の金だとおもうとめちゃくちゃですわ。
プロフィール

くろエク

Author:くろエク
Lotus Exige S1を所有。
エンジンはK20Aへコンバージョン
サーキット走行を趣味としています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク