Lotus Exige TypeR Blog
英国製ミッドシップ軽量スポーツカー Lotus Exige Type Rにまつわる日々の出来事
プロフィール

くろエク

Author:くろエク
Lotus Exige S1を所有。
エンジンはK20Aへコンバージョン
サーキット走行を趣味としています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


動態保存

今年の春で車検を迎えるS.Z.
2010.3.4 blog 1
保管している車庫に電源がないので、バッテリーをあげてしまうと車体から取り外して充電せねばなりません。
寒い時期はバッテリーが弱りやすいのですが、近所の道にもたくさん凍結防止剤が撒かれるので走らせるのも微妙なところ。

少し暖かくなって凍結防止剤もなくなったので、充電がてら近所をドライブ。

大阪でも中心を走ると交通量も多いので、湾岸地域を橋やトンネルで結びながらちょこっと走ってきました。


 来年で生誕20周年を迎えるS.Z.は乗ってみると大排気量の3.0L SOHC V6のパワーと1200kgそこそこの軽量ボディーでよく走ります。
ボディーの剛性も当時のイタリア車にするとしっかりしていると思うのですが、現代の車の基準からするとかなり柔らかい印象。
まあ、ほどよくボディーがしなる感じとでもいいましょうか。
2010.3.4 blog 2
いまでも色褪せない斬新なスタイル。
今の家族構成になってみると、後部座席のスペースがあるのに座席がなく、チャイルドシートの
固定もできないのがちょっと微妙。
事ある毎に手放そうと思うのですが、3年探して購入した車。
とりあえず、今年の車検は通そうと思ってます。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://lotusexigetyper.blog53.fc2.com/tb.php/616-3a56fc01



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。