FC2ブログ

ヒューズ装着

暑い日が続きますが、皆様お元気でお過ごしでしょうか?
我が家はそろって暑さに弱いのですでに夏バテ気味であります。

そんな中、せっかく買った切れると光るヒューズも
持っているだけでは、切れても光らないヒューズが装着されていて意味がないので、ガレージまで装着に行ってきました。
2009.7.31 blog 12 
今回は日中の作業なのでちょっと明るくなってます。
早速ボンネットを開けて作業開始。

2009.7.31 blog 7 
フロントフード開けたところのくろエク号フロントセクション。
黄色の矢印下にある黒い四角の箱がヒューズボックスになります。
その上の円筒形のパーツはサスペンションの別体タンクです。

車体の左側から見たヒューズボックスで、蓋を外した状態です。
2009.7.31 blog 8 
黄色のパーツはヒューズボックスの蓋に標準装備(のはず)のヒューズを取り外す工具。これを使用すると、簡単にヒューズを引き抜けます。

上段左の2つが従来型のヒューズ。
同じオレンジ色で背面の数字表記が無いように見えるオレンジ色の2つが切れると光るヒューズです。
数字は写真では見えませんが、よく見るとプラパーツに刻印はされています。
プラパーツの色と金属部分にもA数の刻印があるので間違えることはないかと・・
外した通常のヒューズはスペアとして車載しておきます。

フロントが終了すると、もう一か所。
シートの間のバルクヘッドの前のところにもリレーとヒューズがあります。

2009.7.31 blog 9 
シートの間に見えるそのぶぶんの蓋の一部。

もうちょっと接近してみると
2009.7.31 blog 10 
こんな風に荷物をいれるネットの後方にプラスティック製の蓋が見えます。
サウナのような車内で、苦労しながら蓋を外します。
蓋はマジックテープで固定されているだけなので、左右にある蓋が盛り上がっている部分の下に指をいれ、引っ張るとべりっと剥がれます。
2009.7.31 blog 11  
ちょっとピントがあってませんが、左上の部分に見えるのがヒューズです。
この部分のヒューズも切れると光るヒューズに入れ替え。

ヒューズの下にはリレーボックスも。
以前は燃料ポンプの部分のリレートラブルも経験しており、リレーとヒューズはサーキットグッズと一緒にバッグに入れ車載してます。
その他、タイラップ、パンク修理剤、最近買ったソーラーパネル付LEDライト
なんかは積んでおります。
ジャッキは載せていないので、ジャッキも載せておいたほうがいいかな?
と思ったり。皆さんどこまで積まれているんでしょうか?
1人乗り仕様か、2人乗り仕様かでも違うんだろうなあ~
(現在2人乗り仕様から1人乗り仕様へ実際的には仕様変更中)

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

このヒューズが活躍しないことをお祈りいたします
別タンの取り付け位置がよいですね。カウルあけたときは換えてもらおうかな

ひろさん
活躍しなければいいですけどね~。
まあ、ちょっとトラブルのときに確認が容易になりますよね。ヒューズ切れていても原因が他にあれば、また差しても切れますしね。

別タンいろんなところについてます(笑
減衰力調整が簡単にできるかどうかが、無精者の私にとっては調整するかどうかの重要なポイントですので。

うちも別タン リアはエンジンルームにあり便利なのですが
確かに、最初CD音飛びするくらい硬かったですから、
おもいっきりゆるくした以来 いじってませんわ f ^^
3wayも宝の持ち腐れですね... 

あっ これのせいでエアコンのライン壊れたな><
プロフィール

くろエク

Author:くろエク
Lotus Exige S1を所有。
エンジンはK20Aへコンバージョン
サーキット走行を趣味としています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク