Lotus Exige TypeR Blog
英国製ミッドシップ軽量スポーツカー Lotus Exige Type Rにまつわる日々の出来事
プロフィール

くろエク

Author:くろエク
Lotus Exige S1を所有。
エンジンはK20Aへコンバージョン
サーキット走行を趣味としています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


S.Z.車検終了

先週末、早速車検が終了したとの連絡を頂き、S.Z.の引き取りに
フルヴィアートさんまで行って来ました。

2008.4.14 blog 1
今回は阪神電車で阪神御影駅まで行って、そこから徒歩10-15分ほど。
43号線を越えてしばらく歩くと見えてきました。
初めてお邪魔したときは、こっそりと表を通り過ぎたりしたものです。
それぐらいHP(現在サーバークラッシュでほとんどのコンテンツをみることができませんが・・・・)では高尚なお店に見えたもので・・・・
が、べつに敷居が高いわけでもなく、技術力は高いですが普通のお店です。
2008.4.14 blog 2
お店の前まで来ると、いましたいました!わがS.Z.。



2008.4.14 blog 4
入庫時には薄っすらと埃を被っていましたが、綺麗にしていただいてました。
にしても個性的なフロントマスクです。
ヘッドライトはあのF40と共通らしいです。
2008.4.14 blog 3
本日のフルヴィアート。デイトナが作業中。
2008.4.14 blog 5
珍しいメタリックグリーンです。
ボンネットもこんな風に開くのです。

で次は車検整備内容の説明をしていただきます。
旧車(S.Z.もそろそろ仲間入りですね)に乗っていると、車検の度ぐらいに
きっちり整備をしていないと、出先でトラブルにあったりしかねないので
僕は車検の度に不具合のことを相談しながら、重傷度やかかる費用の程度、
また放置しておいてもよいかどうかなど、十分話し合いをして治療の程度を
決めています。
2008.4.14 blog 6
今回明らかなトラブルがあり、駐車場の床にオイルの染みを作ってくれたパワステ低圧ホース達。
S.Z.も製造後17年を経過し、ゴムホースはカチカチに硬化しており、
また純正のホースバンドがあまりよくなく、オイルが漏れてくるらしく
今回、ホースの交換(純正品は欠品で汎用ホースでの交換)を行っていただき、
2008.4.14 blog 8
さらに、黄色の矢印で示すホースバンドを交換していただきました。
今後はこの場所のオイルの漏れをチェックしながら乗っていきたいとおもいます。
2008.4.14 blog 7
これはタイミングベルトです。
走行距離はまだ3万㌔台後半ですが、しばらく交換もしておらず、
今回念のため交換していただきました。
2008.4.14 blog 9

矢印のボルトはエンジン冷却水のエアー抜きボルト。
同部に冷却水がわずかに漏れることがあったのですが、今回チェックしていただくと
ボルトにひび割れがあり、座金の部分を暑くした特注品を製作し交換してくださいました。

こんな風にフルヴィアートさんでは、作業した内容や交換した部品を
現物を置いてくださって、実際に見ながら作業の内容の説明をしてくれます。
このあたりも、大事にしている車を預けるにあたってはオーナーとしては重要なポイントですよね。
2008.4.14 blog 10

なにやらシリンダーヘッドをバーナーで暖めながら作業されております。
なぜ暖めながら作業しているのかをお聞きすると、
バルブガイドを抜くのに、そのまま抜くと、穴が数ミリ/100大きくなるそうで、
そのためフルヴィアートさんではバーナーで暖めながら抜くそうです。
そうすると穴が大きくならないらしい!
交換部品としてのバルブガイドはこのため数ミリ/100大きいサイズで送られてくるそうですが、あえてそのパーツを削って使用するそうです。
製造後数十年を経て、メンテナンスをされるときに、また次回整備を受けるときのことを考えると、シリンダーヘッドに少しでもダメージを与えないほうが
いいですものね。
こういうところはレストアショップならではですね。

S.Z.も製造後17年で、いたるところのゴムパーツは硬化してきており
このまま10年以上楽しく乗れるように維持して行こうと思うと
どこかで、ゴムパーツの全交換をせねばなりません。
そのためにはパーツを集めて、費用を貯めねばなりませんなー。
まあ、次回の車検までに考えます。
2008.4.11 blog 11
最後にGoodhome募集中の車。http://www.fulviart.jp/goodhome.html
1995年 FIAT PANDA CLX
1100cc FF
5速
左ハンドル
ワンオーナー(女性)
一時抹消(2008年3月19日に検切れ)
走行:38,400キロ

フルヴィアートさんは中古車やさんではありませんが、偶に同社でメンテナンスされていた車両をオーナーさんが売却希望のとき、ホームページに掲載されています。
なかなかに美しい車両でした。

このあとフルヴィアートさんを後にしますが、なんとも悲しい出来事が・・・・
次回へは続かず終わり。




スポンサーサイト

この記事に対するコメント
丁寧な仕事をされる 良いお店ですね。

交換した部品を捨てずに きっちり説明してくれるところなんかて、最近あるのかな? と
思える位です。 それだけ 乗り手が無関心になっている証拠でしょうか。


最近、御影付近を 子供の進学で4回程 走りましたが、落ち着いたいい町ですね。
【2008/04/15 06:29】 URL | G・O #yz3TcK5I [ 編集]

G・Oさん
ボディの板金・塗装、内装、メカなど、全部一つのショップで作業可能な、小さいけれどすごいお店なのです。
だからお邪魔すると心地よく、旧車が欲しくなります。
作業前にも、色々作業ポイントの説明と必要な交換部品なども教えてくれたりします。
このお店だけでも、現在も数台のS.Z.がメンテされてますし、時には関東からも事故車などが運び込まれたりしております。

御影なかなか良い街です。
最近阪神百貨店が御影にできました。
駅の南にあるPapasさんも大好きなお店です。

【2008/04/16 00:21】 URL | くろエク #qbIq4rIg [ 編集]

いいですねー。大事な愛車を安心して預けられるお店ですねv-218
自分のMusも長く乗っていこうと思っているのでそういったお店を探さねばv-540
【2008/04/16 00:28】 URL | べるがー #- [ 編集]

べるがーさん
Musはなんかやはり見ていて安心できる、かつて映画によく出てきていた典型的なアメリカンスポーツカーの貫録がありますね。
べるがーさんのマシンはカラーリングも、車高の下がり具合もなかなか素敵です。
車業界もいろいろなお店があって面白いです。
【2008/04/16 20:56】 URL | くろエク #qbIq4rIg [ 編集]

はじめましてくろエクさん。フルヴィアートさんの丁寧な仕事っぷりが画面を通じて伝わってきますね。うちの近くにもそんなショップがあればいいのに。SZのヘッドライトがF40と同じとは初めて知りました。びっくり
【2008/10/14 12:33】 URL | なごや丸 #- [ 編集]

なごや丸さん
はじめまして。フルヴィアートには全国から車が送られてくるそうです。
ちなみに上のデイトナは新潟から送られてきたらしい。
ちょっと古い車に乗るにはやっぱり信頼できるお店がないと安心して乗れませんよね。
メンテも費用は決して安くはないとおもいますが、安心してお任せできて、なおかつ必ずトラブル個所は治ってくるあるいは対策してくれるお店は多くないと思います。
なごや丸さんもいいお店が見つかるといいですよね。

うろ覚えですが、F40のロービームはS.Z.のヘッドライトと同じだったはずです。
F40はカバーが付いているのでそんな風には見えませんが。
また油圧式車高調整装置もF40と同じ部品でえらく高いとお聞きしてます。
【2008/10/14 22:23】 URL | くろエク #qbIq4rIg [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://lotusexigetyper.blog53.fc2.com/tb.php/423-d4d40501



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。