FC2ブログ
Lotus Exige TypeR Blog
英国製ミッドシップ軽量スポーツカー Lotus Exige Type Rにまつわる日々の出来事
プロフィール

くろエク

Author:くろエク
Lotus Exige S1を所有。
エンジンはK20Aへコンバージョン
サーキット走行を趣味としています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



久々のフルヴィアート訪問

車検前の準備によって、やっとこさ自走可能となったS.Z.でフルヴィアートさん
まで行ってきました。
神戸の御影の43号線より海側に位置するお店は、阪神高速湾岸線の
住吉浜から少しのところにあります。

久々にS.Z.に乗ると、車体が軽く感じられ、とても軽快に走ります。
Alfa SOHC V6の回転フィールと音で、やっぱり持っててよかったと
改めて魅力を思い出しました。

2008.4.6 blog 1
高速を走り1時間弱で到着。
久々にお邪魔しますが、以前と変わりない雰囲気。
早速Kメカと相談し、今回の作業のポイントを詰めていきます。
まず、パワステ関係。
とりあえずラインを目視でチェックしていただくと、オイルラインのあちこちから
オイルの滲みがみられ、ホースが寿命と思われ交換が必要とのこと。
ただ、純正のホースは欠品で、何か他のものを使って修理していただけるようです。

で、お決まりのタイミングベルト。
しばらく交換していないので、今回交換することに。
これもベルトはあるそうなのですが、テンショナーは欠品だそうで
これからも維持し続けるにはパーツを購入して保管する必要があるようです。
ただ、所有するだけでも結構物入りなので、とりあえず次の車検までの2年間
不安なく乗れるように必要なメンテをお願いすることにしました。

2008.4.6 blog 2
トラブルに対する不安で乗れないのでは本末転倒ですから・・・
本日の入庫車は、リフトアップされたS.Z.の後方に緑のエリーゼS1。
その左側にフェラーリデイトナ!
他にはランチャイプシロンなどなど。いつきても楽しい車に出会えます。


リフトアップされたS.Z.。
フロントタイヤのキャンパー角はこれが標準で、だから
フロントタイヤのイン側だけが異常に減ります。
2008.4.6 blog 3
エリーゼのS1はやっぱいいですね。
何でもオリジナルデザインというのはやっぱり一番な気がします。
たとえば、カウンタックとかピアッツアとかロドスタとか
2008.4.6 blog 4
リアからの1枚。
S.Z.のリアサスはド・デオンアクスルで、左右はリジッドに結合されており、
三角形のサブフレームを吊り下げたようになってます。
トランスミッションは最近ではGT-Rに採用された、リアにトランスミッションが
置かれる、トランスアクスル方式を採用しています。
で、重量配分を50:50に近づけようとしているわけです。
ありきたりの生産車(Alfa75)のパーツを使いながらも、
切り詰められたオーバーハングやこれらの機構によりなかなかのハンドリングマシンに仕上がっております。
情熱をもって、車を作りこめばそれなりのものが完成するということですね。
最新の日産のGTRにも乗ってみたいものです。
最新の技術力と情熱が盛り込まれているみたいですから。
ただ、スタイルがなあ・・・・

スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://lotusexigetyper.blog53.fc2.com/tb.php/422-4c84c302