Lotus Exige TypeR Blog
英国製ミッドシップ軽量スポーツカー Lotus Exige Type Rにまつわる日々の出来事
プロフィール

くろエク

Author:くろエク
Lotus Exige S1を所有。
エンジンはK20Aへコンバージョン
サーキット走行を趣味としています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ロータスエクシージ用ブレーキキットーその②ー

で、実際にブレーキキットの装着となるわけなんですが
まずフロントですが
・APレーシング4POTキャリパー(特注ピストンサイズ エリーゼ、エキシージ用)
・304mm-24mm ガーランド2ピースフルフローティングレーシングローター
・フェロード DS2500パッド (PFC等のパッドも特注可)
から構成されています(ブレーキホースはキットに含まれず、ノーマルを使用)
2008.3.25 blog 3
写真はローターとキャリパー。
実際の装着にあたっては、ハブキャリアへの加工が必要です。
写真を撮るのを忘れましたが、ノーマルキャリパー、ローター、ローター裏側の
導風板
を取り外し
フロントハブキャリアを外します。
キャリパーのオフセットが異なるので、エリパーのローターの各部計測し
ハブキャリアにAP4Pot装着用のボルト穴を開けます。
2008.3.24 blog 11
ノーマルブレーキホースからWOTYエア噛み対策ラインに変更してあったくろエク号はブレーキキャリパーへのホースの接続がデフォルトと異なりましたが、DECK中山さんの機転で事なきを得ました(ライン変えてある場合は要相談)。
昔某ロン師が接続部の話題をアップされていたなーと反省(不勉強)。
くろエク号車体への装着の図。 なかなカッコエエのであります。
専用設計のため、ローターとベルハット、キャリパーの位置関係も完璧。

僕はローターのベルハット、こだわりなくシルバーですが、ゴールドアルマイトやブラックなどにもオプションで塗装可です。
フロントのローターにはコーティングがされています。


ホイールを装着したくろエク号の図。
2008.3.24 blog 12
現状ではフロントホイールはSJレジェーロ16インチ+RE01のラジアル仕様。
最近ラジアルで走ってますが、やはり音とか雨天の排水性とか快適です。
2008.3.24 blog 13
ノーマル280mmから304mmへと拡大されたフロントローター。
(ノーマルの比較写真も撮っておけばよかった(涙)。

次にリアですが
・330mm-22mm ガーランド2ピースレーシングローター
・専用ステー
キャリパーはノーマルのブレンボ片押し式をそのまま使用します。
2008.3.25 blog 2
写真がリア330mmローターとローター径にあわせてキャリパーを外側へ移動させる
ブラケット(専用ステー)。
リアの場合はハブへの加工は必要ない(はず)なので
リアキャリパーを取り外し、ローターを外します。
ここで問題発生。

2008.3.24 blog 14
黄色の矢印のハブキャリアの上下の腕状の所に開いた二つの穴が、リアキャリパーのボルト穴。
ハブキャリアの形状が、3-4種類存在するらしい。
http://blogs.yahoo.co.jp/deckmp/20772625.html
つい先日も別のエクシージS1の作業をしたそうですが、くろエク号とはハブキャリアの形状が違ったそうです。
で、準備されていたブラケットが合わず、急遽ハブキャリアの形状に合わせて加工してもらったのですが、くろエク号のキャリパーのボルト穴が少しサイズが狂っている?らしく、結局装着は断念。
後日ブラケットを新規製作してもらい、再挑戦(残念)の予定となりました。

気になるブレーキのタッチの変化ですが
コーティング剤が残っているうちは効きが悪いそうで、まだ実力のほどは
わかりませんが
ノーマルよりしっかりとしたタッチに変化し、効きも同等~やや向上しています。
気になるペダルストロークもノーマルと比較して違和感なし。
低速ではフルフローティングローターが若干カチャカチャいいますが、
騒音の塊であるS1エクのくろエク号では無視できるレベル(現状)。
ブレーキの効き、パッドの持ち、ローターの耐久性などは今後また報告したいと思います。

以上簡単な報告です。
印象としては高品質で、他社のブレーキキットに比べて安価(あくまで比較ですが)
他社のキットの価格で、前後ローターまで揃います。
DECK中山さんはロータスが外車だからと無用に高い価格設定はするつもりはないと言うことをおっしゃってましたし、お店のキャリパーやローター、果てはキャリパーのリペアキット等の在庫量からしても
消耗品の供給についても自社で扱う部品だけに不安はなさそうです。
消耗品の交換時にも報告していこうと思います。


スポンサーサイト

この記事に対するコメント
いいっス!
いいなぁ・・全く苦労なく装着(笑)
リヤハブの件、中山さんにも聞きましたが・・・
S1のスチールハブ車両は全車同じと思いこんでいましたが、違うんだなァと驚きました。
早く付けばいいですね。グーな筈です。

外車用の部品というだけで何処も高い感じですが、彼は別
に差別なく提供してくれるのも好きです。
【2008/03/30 01:19】 URL | ろん #QeQ6CiJU [ 編集]

中山さんとはいろいろお話ししましたが、外車用パーツと言うだけでとても高額になるケースが多く、最近ロータスでもよくあるとおっしゃってました。
国産車用と同じ感覚で作ってくれてます。
今回のリアハブにしても、ロータスの部品精度がコストダウンのネックですねぇ。
【2008/03/30 08:20】 URL | くろエク@外出中 #qbIq4rIg [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://lotusexigetyper.blog53.fc2.com/tb.php/418-a7d94d56



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。