Lotus Exige TypeR Blog
英国製ミッドシップ軽量スポーツカー Lotus Exige Type Rにまつわる日々の出来事
プロフィール

くろエク

Author:くろエク
Lotus Exige S1を所有。
エンジンはK20Aへコンバージョン
サーキット走行を趣味としています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Sweets & Motorsports driving lesson-参加報告その2ー
豪華な講師陣の中からそれぞれのグループに3名ずつの講師が配属されています。くろエクのAグループはSuper 耐久 野田 勝義 選手、Super GT Super 耐久 佐々木 孝太 選手、ジムカーナ伊藤 太郎 選手が教えてくださいます。
で、15分刻みの走行が進むと、同乗走行時には、講師のドライバーの助手席に同乗し、自分の車の限界走行(講師の方々にはかなりマージンがあるのでしょうが)を体験できます。

2008.2.25 blog 13
講師がドライブしている車両はライトオンで走行します。Super 耐久 野田 勝義選手のドライビングでぶっ飛んでいるくろエク号。
さすが現役レーシングドライバー。上手く車を操ります。
講師に質問しようにも、あまりのレベルの違いに質問がでてきません(笑)。

くろエク号の感想は、パワーがあって乗りやすい。ただ、シフトのリンケージの調整がもう少しで、1.3.5速側と2.4.6速側でシフトのストロークが違う(自分で乗ってみてもそうです)とのことでした。
この頃には路面も大分乾いて、ほぼドライの状態でした。
が、そこはカッキー主催のドライビングレッスン。
荒れ模様の天気で、雨がかなり降ってきます。


憧れのSuperGTチャンプ佐々木孝太選手の同乗走行の時には、このようにまったくのウェットの状態に。
2008.2.25 blog 7
佐々木孝太選手。信号が赤のうちから一番に並んでくださり、スタートです。




2008.2.25 blog 8
くろエク号で佐々木孝太選手からレクチャーを受けるくろエク。

1.テールが流れたときのステアリングの戻し方はゆっくり1/2ぐらい戻すようにしないとお釣りをもらいやすいということ。
2.S1はブレーキのマスタパックがついていないので、ブレーキペダルを放したときの姿勢の変化が大きいため、ブレーキングをしっかり残してのターンインが必要。
3.テールが流れたときもあわてず、スロットルはそのままでステアリングをゆっくり当てて修正するだけで、車が安定たセッティングなので大丈夫などのアドバイスを頂きました。

講師の方々と自分のドライビングで一番違うのはブレーキングでした。
まず、減速Gが一定であること。
クリップまでブレーキを残しながら回頭性を維持しているところが違います。
操作も全体にゆっくりに感じるぐらい丁寧な操作で慌てるところがありません。
課題はブレーキとコーナーへのターンインですね。
自分でもタイトコーナーは苦手に感じていましたが、苦手の原因はコーナー前半部でブレーキングが早めに終了してしまい、せっかく前輪に掛かった荷重が抜けてしまっていることのようです。
2008.2.25 blog 14
ウェットのコースを走る佐々木孝太選手ドライブのくろエク号。
車はまっすぐ走っておらず、ほとんどスライドしながら走っているのですが、走りはあくまでスムースで、水の中を泳ぐように滑りながら走ります。
言葉では説明しきれませんが、異次元の走りでした。さすがチャンプです。
2008.2.25 blog 15
走行後に記念撮影もしていただきました。

で、参加者のなかで、おそらく1番速かったのが写真のかじやん号
2008.2.25 blog 10
S2エクでここまでストイックなマシンは他にないでしょう。
タイムもなんと56秒台とのこと。
ウサギとカメの話のように、すこし休んでもらわないと追い越せません。
特筆すべきはかじやん号とHIDEさん号のTKsport製の足回り。
この2台だけ、コース上での車の動きがすごく安定しています。
S字付近でも車体をほぼフラットに保ったまま、すんなりクリアしていきます。
次に着けるならTK足でしょうね。

で、本日のベストは59秒33(ドライ)でした。
ちなみに佐々木孝太選手はウェットの時に1分1秒とタイムも驚異的。

2008.2.25 blog 9 
途中強風が吹き荒れ、コースのクラッシュパッドがコース上に散乱するハプニングで一時赤旗中断。
2008.2.25 blog 11
主催のカッキーの愛車のクマノミ号。オレンジにツートンのストライプ、フロントスポイラーの黒い部分はカーボン調でかっこいい仕上がりです。

佐々木孝太選手にくろエク号はパワーがあって、回頭性も良いのでのって楽しい車。ぜひドライでも乗ってみたいと言っていただきました。
で、結局物はいいので、あとは腕ですな。
これからも鍛え続けますのでカッキー次回の企画もよろしくお願いします。

最後になりましたが、開催していただいたカッキーを始めとした関係者の方々。
また親切、丁寧に教えてくださった講師の方々に御礼を申し上げたいと思います。
楽しい走行会を行っていただいてどうもありがとうございました。


スポンサーサイト

この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/02/28 12:00】 | # [ 編集]

いやあ楽しかったですね
佐々木孝太選手はすごかったでしょ
お誘いいただきありがとうございました
【2008/03/01 21:36】 URL | ひろ #- [ 編集]

ひろさん
ある意味孝太選手に乗ってもらうだけで価値あるし、自分の車が走っている写真だけでも価値はあります。
ユーロカップの写真なんて、1枚でも結構高価ですから・・・あれだけの枚数だと参加費超えます(笑)。
やっぱ、カッキーに感謝です。
【2008/03/01 23:33】 URL | くろエク #qbIq4rIg [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://lotusexigetyper.blog53.fc2.com/tb.php/408-ef627287



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。