FC2ブログ

S.Z.始動せず

20060324213733.jpg
仕事で缶詰め状態が続く。ちょっとだけ上司にお願いして帰宅し、充電していたバッテリーを車に乗せ、配線をつないでエンジン始動を試みた。
セルはほとんど回らなかった(涙)


明日も仕事だが、帰りにSZを車検に出すのに持っていかねばならない。
どこで充電すればいいのか?職場の周りをずっと走っておくしかないか。

20060324213808.jpg
ちなみにショーモデルのSZは写真のようにパネルの面が美しいが、実物は悲惨。生産後15年を経てFRPの上に塗ってある下地が退けて来るらしく、表面が波打っている。塗装に写りこむ景色も波打っている。
いつかフルヴィアートで塗りなおそう。10年後日本一美しいES30を目指して。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

ほんと、オモチャなクルマですね。
独特のデザイン。ステキです。

>表面が波打っている
やっぱ、ウニウニしてきましたか。
エクもそのうちそうなるんでしょうね。
FRPの宿命かも。

今週末も乗れないので、バッテリーがそろそろ心配。

当時のイタリア製の下地ゲルコートの材質が悪く、退けてくるのと、割れやすいのでみんなの車がんがん波打ってます(笑)。
エクは全然気配ないから優秀なのかなとおもってます。長いこと作ってます紋ねFRPボディー。

昨夜深夜に帰宅し、バッテリーをジャンプしてエンジン始動。阪神高速環状線を充電のため4周ほどしてかえりましたが、今朝も駄目でした(涙)
本日これから仕事です。

>当時のイタリア製
なるほど。イタリアっていうトコロも肯けます。
15年も経つと、仕方ないのかもです。

エクのFRPは分厚いので、ウニウニしにくいのかもしれませんね。
古賀さんはオールペン時、波打ちを綺麗に手直しして塗装したそうです。確かにキレイ。

>、今朝も駄目でした(涙)
もうバッテリーだめそうですね。交換しかなさそう....

ガンバリましょ。 クルマのために?

塗装を剥いで、品質の悪いイタリア製ゲルコートを全部削り落とし、日本製の高品質の下地を塗って面出しし塗装すれば、当時のショーカーのように塗装面の美しい車ができるらしいです。

ぼくもエク熱が冷めて、走るのに飽きるときがきたら(来るのだろうか(笑))、15年ものSZをコンクールコンディションに計画でもやろうかな。

日々これ以上頑張れないぐらい頑張ってますが今週はヘビーだ。
でもがんばって働きますよ、車のために(笑)。

お疲れ様です。
無事にショップへたどり着けましたですか?(笑)
下の写真を見るとSZって意外にも結構タイヤが奥にあるんですね?
日本じゃツライチに拘ってる方も多いですが、僕はこういった感じもNASCARチックでいいなと思うんです。

Snake殿
おはようございます。
無事にショップまでたどり着けましたよ。
Snake殿得意の湾岸線がメインですから。
昨日は久しぶりに職場から遠出しました。
後はドデオンアスクルでリジッドなのですが、結構引っ込んでます。
数年前にS.Z.オーナーズクラブでワンオフホイール作ってもらったことがあるんですが、そのときは2種類ぐらい作って、フェンダー削り加工必要なワイドバージョンもありました。

まあ、でもいまや世界遺産の絶滅種ですから、
オリジナルを大切に行きたいと思います。
プロフィール

くろエク

Author:くろエク
Lotus Exige S1を所有。
エンジンはK20Aへコンバージョン
サーキット走行を趣味としています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク