Lotus Exige TypeR Blog
英国製ミッドシップ軽量スポーツカー Lotus Exige Type Rにまつわる日々の出来事
プロフィール

くろエク

Author:くろエク
Lotus Exige S1を所有。
エンジンはK20Aへコンバージョン
サーキット走行を趣味としています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


AlfaRomeo S.Z.(ES30) 

ES30SZ.jpg


ロ-タスエクシージS1ともう一台くろエクはアルファロメオS.Z.を所有しています。


出会いは1989年ジュネーブショーの雑誌記事でありました。CG等の記事を読み漁り、Alfa75のGroupA仕様シャシーベースのスペシャルマシンであること、エンジンはAlfa V6 SOHC 3.0L 210psであること、製作はZagatoで行われ限定1000台が発売予定であること。さらに最大求心Gが1.0Gを超えるスーパーハンドリングマシーンが謳われていることなどを知った。


が、ここからが問題である。ショーの時点で1000台は注文が殺到しすでに受付終了している。現地価格は確か1万リラ当時の日本円換算で1100万ほどであったと記憶している。で、試乗記事とかを読むとスーパーハンドリングマシーンと書いてあり、この威圧感のある顔、車高の低さなどすごく気に入ったが、価格がとても手が届かない。借金しても買うべき車も存在しないなどいったんはあきらめざるを得なかったのであった。


実際のS.Z.が発売され始めた1991年。日本はバブル真っ最中。限定車であったS.Z.にもその影響は顕著に現れ一時は1800万の値がついたりしていた。そしてバブル崩壊。これが私の人生を変えるのである。


当時親父がMaserati Biturbo ESというとてつもないイタリア車に乗っていたのであるが、新大阪にある八光自動車で購入していた。そんなきっかけだったかどうかは忘れたが、友人がMaserati Quattroporteを購入した。たまたま友人の点検整備についていった私は、整備工場でAlfaRomeo S.Z.に1996年年末再開したのである。そこでかつての感動がよみがえり、車を探すこと約4ヶ月。ついにイタリアから並行で新車在庫のS.Z.を手に入れたのである。


20060221015524.jpg


 いまとなってはたいしたことはないのだが、当時の国産車しか乗ったことのない私にとっては初めてのイタリア車。メンテでも困ったりしたが、友人もたくさんできた。上はS.Z owner's club meeting in 高山の様子。


信頼できる主治医とも出会うことができた。http://www.fulviart.jp/神戸のランチアを得意とするもともとレストアショップからスタートしたスペシャルショップである。社長のS氏も大の車好きでとってもよくして頂いている。このお店の特徴は内装も外装もメカもほとんど自社で完結するところである。見た目地味だが多くの職人さんたちが働いておりすばらしい仕事振りを発揮されているのである。普段めったに見ないS.Z.をはじめとするレアな車たちがいつもマイスターたちの作業を神戸の地で待っているのである。東京や遠くは山形からも作業に車が入ってきている。


Alfaromeoはじめとする旧車のオーナーの方一度遊びに行ってみてください。はまります(笑)。http://www.fulviart.jp/のなかのきょうのフルヴィアートhttp://www.fulviart.jp/050825.htmlもっとはまります(爆)


また後日へ続く

スポンサーサイト

テーマ:AlfaRomeo - ジャンル:車・バイク


この記事に対するコメント
こんにちは。
でんでん関係ない話ですが、SZと言えばかの有名な?カルパッチョ氏も乗っておられる車でしょうか?(笑)
【2006/02/21 12:28】 URL | Ultimate Snake #NUPN.0j6 [ 編集]

よくご存知で。
氏はS.Z.のり、かつ同業、かつ学生時代同じスキー部だったことなどあり、何度かミーティングでお会いしたこともあります。
のりが違うので仲良くはなりませんでしたが。

氏はさらにS.Z.のオープン版であるR.Z.もオーナーズクラブ員より手に入れられた模様。
その後は消息不明でございます(合掌)。
どうなったんでしょう?
【2006/02/21 12:33】 URL | くろエク #qbIq4rIg [ 編集]

スイマセン、話が横道にそれて・・・(笑)
同業のコブラに乗ってる2チャンネラー氏に去年の祭り開催中の時に教えてもらったんですよ。
しかしこれまた世の中狭いものですね!

実は僕の友人の所属する某Pクラブの去年の秋のツーリング写真に彼と思われる方が写ってるのを見て、おおっ~と思いました。
【2006/02/21 18:21】 URL | Ultimate Snake #NUPN.0j6 [ 編集]

確かに
氏は複数所有の鬼のようなひとで
SZ、147、ビート、ポルシェスピードスターともたれてましたねー。それに黄色いRZ。でもこのころから消息不明。
同業と思えませんね。

SZも製造されて15年。もはやネオクラシックです。いざとなるとパーツがないので大変です。
でも、エクに比べると全然こわれません。
イタ車は壊れる壊れるといわれますが、とすると英車はものごっつー壊れます。
【2006/02/21 19:53】 URL | くろエク #qbIq4rIg [ 編集]

SZ、
あの彫刻的な造形、、
とにかく、憧れました。

【2006/02/21 20:59】 URL | あや #- [ 編集]

そおいえば、伊でアルファV6 3.0エンジンをエリーゼに載せてる人いますね。
リンクどうもです。こちらもリングします。
【2006/02/21 21:04】 URL | あや #- [ 編集]

あやさんこんばんは。
あやさんのニューマシン?もうつくしいですよ。
ラッピングのカラーはなにいろなんでしょう?
楽しみですねー。
FSW走ってインプレッションをお待ちしております。
東京での宴会も参加しますのでよろしく。
土曜の晩にしてくださいませ。
【2006/02/21 23:26】 URL | くろエク #qbIq4rIg [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://lotusexigetyper.blog53.fc2.com/tb.php/3-460f6700



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。