Lotus Exige TypeR Blog
英国製ミッドシップ軽量スポーツカー Lotus Exige Type Rにまつわる日々の出来事
プロフィール

くろエク

Author:くろエク
Lotus Exige S1を所有。
エンジンはK20Aへコンバージョン
サーキット走行を趣味としています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


童夢ファクトリー訪問ーその②ー
まず童夢の社屋の一階に集合します。
20070427090245.jpg
童夢の社屋の1階には
20070424142839.jpg
あの”童夢ゼロ”が展示されていました。

前から見るとこんな感じ。
スーパーカーブーム華やかなりし頃は国産スーパーカーの意味もわかってませんでしたし、ランボとかと比較してかっこ悪いと思ってましたが・・・・
20070424143016.jpg
今になって見ると、時代が童夢零に追いついたのかかなりかっこいいのです。
20070424142935.jpg
スペックシート。
スチールモノコックフレームにL28の直6だったのか。
とすると・・・縦置き?エンジンルーム見ませんでした。
20070424143105.jpg
サイドからの一枚。
今見てもかなり未来的。ホイールもすごいデザインです。
20070424143147.jpg
はじめて近くから見たリア周り。
リアのブレーキランプあたりはES30にも通じるものがあるか?

この後、2階にある会議室に集合しますと。
部屋にはさまざまなカーボン製品が・・・
フォーミュラーのモノコック、スーツケースに椅子なども。

20070424143557.jpg
会議室で童夢の会社のPRビデオを拝見しました。
内容はスポーツカーコンストラクターはお金がかかる。
童夢はスポーツカーの開発製作で培ったノウハウで童夢カーボンマジックなど様々なパーツを制作し販売することで資金を集めてそれをスポーツカー開発につぎ込んでいるという内容でした。

でここからファクトリー見学でしたが残念ながら撮影禁止。
最初にレーシングガレージに行くとSuper GT参戦中の2台のNSXとばらばらになったフォーミュラーがあり、休日にもかかわらずメカニックがメンテナンスを行っておりました。

次に行くのは設計室。設計はすべてCADで行われておりました。
そのあと社員食堂その名も”WIN”も見学。
試験室(各種のカーボンパーツの破壊検査とかショックのテスターなどがおいてありました。)
次にCADデーターに基づいてオートでマスターが製作される試作室。
マスターに貼り込んだカーボンを焼き上げるカーボンの釜の部屋。
ドライカーボンパーツは軽くするために布団の圧縮袋みたいなのに入れ陰圧をかけながら釜で焼くらしい。


釜の横の部屋には新型シビックタイプRらしきマシンがおいてあり、カーボンボンネットの制作中でした。
お金があったら、スポエリカウルをドライカーボンで焼いてもらうのですが・・・・

次は本社の向かって右手にある1/2スケールの巨大風洞実験室を持つ風流舎の建物に向かいます。
20070424144636.jpg
どの建物もスタイリッシュで美しい。
20070424144934.jpg
巨大風洞のあいているスペースに歴代の童夢が関係したマシンが陳列されミュージアムになっておりました。
ここは撮影許可してもらいました。

20070424145007.jpg
反対側。懐かしいマシンが並んでおります。
20070424145033.jpg
これは巨大風洞用のカーボンコンポジットの羽。
風洞が回っている時はすごい音がします。

20070424145106.jpg
風洞実験室の中も見せていただきましたが、GTのレースカーの1/2モデルに数種類のカナードを装着して風洞を廻すのを繰り返していました。やはりNSXが速いのは空力の開発をデータに基づいてきっちりしてるからなんですねー。
次回に続く。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント
詳しくは書けませんが、私もココ行ったことあります
始終興奮しっぱなしでした (^^♪
【2007/04/27 01:05】 URL | tetsujin #Y8Bkf2eA [ 編集]

建物もしかり、歴代マシンも未だ斬新ですね。
確かに出た当時は???的でしたが・・
童夢のステアリング、最近Usedで見ましたが飾りに欲しかった。
【2007/04/27 01:09】 URL | ろん #QeQ6CiJU [ 編集]

tetsujinさん
ほんと楽しかったですねー。
昨年イギリス旅行したときはもっと少人数でもっといろいろ見せてもらったので、やっぱりイギリスって良かったですね。たずねた中ではAscari carsが童夢と同じぐらいの規模でした。
あちらは生産車売ってましたが。

ろんさん
米原工業団地、周りに何にもなかったです。
景色よいのと車でのアクセスがよいのが立地条件なんでしょうが。
よっぽど好きでないと勤められません。
>童夢のステアリング
こんなのあったのですか?

風洞面白かったです。
カナード種類分のデータ取ってました。
データと言えば、TKsportではマフラー数種でデーターロガーのデータ(他にも諸々のデータの集まり)持ってられましたね。
チューニングも科学ですな。
【2007/04/27 02:32】 URL | くろエク #qbIq4rIg [ 編集]

ほぃ 新品もYオフに出てたんだ・・・  
http://page5.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/e58249203
当時一般に販売されてたモノです。 アバルト2スポークに似てますわ。

コレ、当時はゲッ ・・と思ってましたが(笑) 
車に付ける気はないですが、今見ると斬新です。
【2007/04/27 07:19】 URL | ろん@ねむてー #QeQ6CiJU [ 編集]

・・・夢のような空間だ。。。
僕もいつかいきたいなぁ☆
【2007/04/27 21:33】 URL | kakisora #DhuRAo1g [ 編集]

ろんさん
おお!たしかにこのステアリングが零にはついてました。
エクにはにあわんですなー。

kakisoraくん
行くまでこんなにすごいとは思ってもみませんでした。
一般公開はしてないので無料でしたよ。
tetsujinさんの人脈で見学会していただきたいなー。僕もまたみたいです。

【2007/04/27 22:54】 URL | くろエク #qbIq4rIg [ 編集]

L28はインライン6気筒エンジンなのですが…。
そういえば、最近もいらしていませんでした?
5月中旬あたり…。
【2007/07/02 04:17】 URL | 名無しさん #- [ 編集]

名無しさん
ご指摘ありがとうございます。そうですね直6ですね。うっかりしてました。訂正させていただきます。

5月中旬はお邪魔しておりません。
が、また訪問できる機会があればぜひ行きたいものです。
【2007/07/02 09:00】 URL | くろエク #qbIq4rIg [ 編集]

実は近場に住んでいるので、時折自転車で
ふらっと出かけるんです。
そしたら童夢の駐車場にブラックのエキシージが…。
時折Fiat500なんかも止めてありますし、
駐車場を見ると、「市販車も好き!」という方と、
「市販車は実用性!」という方の二通りに分かれているようで、面白いです。

しかし、スーパーライトウェイト“セミレーシングカー”、エキシージに珠玉のK20Aとは…
素晴らしい組み合わせですね!羨ましい限りです。

かくいう私はDomeClassのメンバーです。
もしかしたらご一緒させていただいたかも知れません。
【2007/07/02 22:20】 URL | TS #3cXgguLU [ 編集]

TSさん
なんとお近くにお住まいですか?
いいところでしたねー。
僕は大阪市内に住んでいるので、なかなか走れるところまでが大変です。

エクシージ、自分の限界で購入したのですが国産車で当たり前のことをやりたいと思っているうち、やはり元凶のエンジンミッションを・・・
もともとエンジンミッションはロータス製ではなくローバー製ですから。
僕の世代ではロータスホンダが(笑)。

Dome Classびびって申込しませんでした。
うらやましいです。
【2007/07/02 23:18】 URL | くろエク #qbIq4rIg [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://lotusexigetyper.blog53.fc2.com/tb.php/279-78a4731f



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。