Lotus Exige TypeR Blog
英国製ミッドシップ軽量スポーツカー Lotus Exige Type Rにまつわる日々の出来事
プロフィール

くろエク

Author:くろエク
Lotus Exige S1を所有。
エンジンはK20Aへコンバージョン
サーキット走行を趣味としています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


英国旅行記ー終わりにー

楽しかった旅の報告も終わりです。
このご時世に、数回半分仕事でアメリカにしか行った事のないくろエクでしたが、とても楽しい旅でした。

英国は夏でも涼しくとても気候のよいところでした。
治安も悪くないようで、同じ英語圏でもアメリカとは全然違いました。
いろいろ素敵なところへも連れて行っていただきましたが、それらのところがよかったのはもちろんなのですが、
何よりのんびりしていて、自分の時間を大切にしているところが素敵でした。
20060922114931.jpg
最終日にHeathrow空港へ向かう途中で立ち寄ったSeafood restaurant。
日本と比べても遜色ないおいしいお店でありました。
とっても景色がよいのです。
日本に比べて山がなく平地がひろがり、ちょうど北海道が近い感じがしました。
20060922115018.jpg
イギリスの人は日本に比べて古いものを大事にするようです。
ウィークデイの昼間の高速道路もこんな車が走ってます。
AlfaromeoベースのCarozzeriaボディのスペシャルモデルと思われる1台。
20060922115103.jpgこんなかっこいい車でぶっ飛ばす英国紳士。
新しいワンボックス国産ばかりの日本と違って、英国を走る車は年代も国籍もさまざまであります。
1920-30年代製と思われる車も普通に道を走って、結構なペースで飛ばしております。


20060922115149.jpg
英国では古い家が大切にされています。Lotus Carsの近くで宿泊した。Consort Hotel Wymondhamの近くの風景。
価格的には新しく建てるのも、古い家を買うのもあまり差はないらしいですが町並みがとっても美しい。
日本はアメリカから輸入した使い捨て文化のおかげで日本固有の文化はほぼ京都も含め全滅。戦争に負けてなければこんな風になってないんでしょうか?
20060922115233.jpg
Oxfordで宿泊していたホテルのテラスで。
機能的には日本のホテルが勝っていますが、雰囲気がとてもいいです。
20060922115319.jpg
首都ロンドンでさえ、こんな感じで古い建物が多い。
右の巨大観覧車、London Eyeだけが、町の景観を著しく損ねていました。
20060922115409.jpg
その巨大観覧車、日本円換算で3000円近くしたLondon Eyeでありますが、背の高い建物が周りにないだけに景色はすばらしかった。
20060922115500.jpg

英国の物価は相当高い感じで、訪英時1£=220円ぐらいでありましたが、ペットボトルの500mlの水が1£20ペンスぐらいして250円ぐらい。
だいたい1£=100円でちょうど同じぐらいの感覚でしょうか。
なんでも高かったです。ロータスが高いのも理由がわかりました。
20060922115543.jpg
最終日に訪問したFarboud Sport Carsにて。
こんなに環境のいいところで自分の気に入ったスポーツカーが作れるなんて幸せです。
クラシックな鋼管スペースフレームにJaguarのV6という組み合わせながら、スタイリッシュなFarboud GTS。
農家を改造したような工場で働く人々は皆さんとても楽しそうに働いておられました。

できることなら、またいつの日か英国を訪問したいものです。
それまでにはインストラクターと会話できる英語力とPalmer Jaguar JP1をもう止めてくれといわれるまで操り続ける腕力をつけておきたいとおもっております。

最後にビジネスにもかかわらず、ご一緒させていただいたHiro oneことKMS代表Kawaharaさん。T-sport代表飯田さん。
そして、同じ車好きとして、ともに難解な英語と戦ってくれた、ひろ@広島さんの3名と現地でいろいろ骨を折って案内してくださった、コーディネーターのJ氏。我慢強く通訳してくださったnanさんに対して感謝の気持ちを表明させていただき、また来年も実現することを願って訪問記を終了させていただきます。ほんとにありがとうございました。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
hiro twoです (笑

楽しかったですね、僕が一番英語力が無いのでくろエクさんがおられたので
心強かったです。

また行きたいもんですね♪
【2006/09/27 12:44】 URL | ひろ@広島 #- [ 編集]

おお!ひろさん
ネット復活ですか?
僕はある程度聞けるのですが、話すのは全然。
日本語で考えて→翻訳としているあいだにタイミングが・・・・
てな感じです。
夢のような体験でしたねホント。
【2006/09/27 21:45】 URL | くろエク #qbIq4rIg [ 編集]

この時世に、まだ海外一回も行ったことない人なんですぅ。
かなしい。

でも、たしかにTVとかで見てても、ヨーロッパのほうの街なみはスンバらしく雰囲気がいい!!

古さと新しさが、絶妙に同じ時を歩んでるってかんじで好きです。

日本は新しいものばかりを尊重し
古きよき日本建築が消えていく、寂しい時代ですね。
【2006/09/28 00:02】 URL | おおちゃん #- [ 編集]

おおちゃん

ぼくもプライベートでの海外は今回が初めてなのでした。
>古きよき日本建築が消えていく
ほんとですよね。
家も車も古いもの大事にしませんもんね。
国民総生産が世界でトップクラスで働きアリのように働いても生活は豊かにならずじっと手をみる(笑)。
【2006/09/28 01:54】 URL | くろエク #qbIq4rIg [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://lotusexigetyper.blog53.fc2.com/tb.php/182-c7cc0e85



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。