Lotus Exige TypeR Blog
英国製ミッドシップ軽量スポーツカー Lotus Exige Type Rにまつわる日々の出来事
プロフィール

くろエク

Author:くろエク
Lotus Exige S1を所有。
エンジンはK20Aへコンバージョン
サーキット走行を趣味としています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


英国旅行記ーLotus cars訪問ー
20060916093718.jpg
エクシージS1のオーナーであり、子供の頃からヨーロッパやエスプリなどに憧れを持って生きてきたくろエクにとって聖地であるロータスカーズに訪問です。
車で数分以内のところにLotus EngineeringとClassic Team Lotusがあります。Lotus CarsとLotus sportは同じ敷地内にありました。
20060916093804.jpg
社員の駐車場とロータスの工場。今回はこの右手の建物は案内されませんでした。新型車の開発でもやってるんでしょうか?

20060916093849.jpg
残念なことにロータスは写真撮影禁止なのであります。
守衛室とゲートがあり、そこでカメラや携帯を没収されます。
20060916093922.jpg
これが守衛室。なかなか美しいデザインです。
写真左奥に見えるのが、エリーゼ、エクシージ、ヨーロッパSを生産している工場です。
今回我々は、幸運にもHethelのテストトラックでのDriver trainingに参加させてもらえたのですが、人数が多いため2つのグループに分かれて行動します。
まずは工場見学、Factory tourです。
http://www.grouplotus.com/generic/generic.php?section=9&page=9&page_id=295

ここでは、ボディーの組み立て、加工、塗装、シャシーの組み立てライン、各種のチェックしているところなどを説明していただきました。
一部分説明させていただきます。
1.アメリカ仕様のボディーにはリフレクターがフェンダーにつくのですが、その取り付け穴はおじさんがドリルで適当に(に見えました)あけてました。
2.ボディーとフロントフェンダーのクリアランス調節は、間にプラスチックの定規のようなものを差込み、クリアランスが足らなければドアを削ってました。
3.工場のラインにロボットなどは一台もなく、流れ作業ですが、おおらかな手作りで作業されていました。
4.ラインを流れていた主力はなんとエクシージSでこれが一番多く、エクシージ、ヨーロッパS、エリーゼの順でありました。ヨーロッパS初めて見ましたが、なかなかかっこよかったです。
5.工場裏には完成車をプールしてある駐車場があり、様々なカラー、仕様のエリーゼ、エクシージが100台ほど置いてありました。

日本車の生産ラインとはおそらく精度、効率ともに全然レベルが異なるので、僕の車の完成度もラインを見ると納得です。
最近のエリ、エクの質感、精度は僕のS1エクに比べると随分向上している感じなので、S1の時はもっと酷かったのでしょうか?

次にLotus sport Driver trainingです。
20060917132624.jpg


Your day will include the following:



  • A welcome breakfast

  • A safety & circuit driving briefing

  • Oversteer and understeer training

  • Staggered gate slalom course

  • Braking activities

  • Two-course buffet lunch

  • Full Circuit-driving sessions

  • Instructor's high-speed passenger-ride

  • Awards Presentation
     
     


その内容はともかくとして、Hethelのテストトラックをエリーゼを運転して走れたのでとっても貴重な体験でした。
ロータスの人が話す英語はかなり訛りが強いようで、広報の方を除くとかなり聞き取りにくかったです。




最後にレースから帰ってきたGT3を見せていただきました。
http://www.lotussportcadena.com/
車載ビデオ画像も見れます。
20060917133524.jpg
こんな車です。
エンジンはインタークーラーつきスーパーチャージャーつきToyota2ZZ。
3台ありましたが、細部は微妙に異なります。
明らかなレースカーであり、Porshe911 GT3のように一般に市販されることは残念ながらなさそうです。

20060917134009.jpg
ロータスはホント田舎の田園地帯にあり、テストコースの隣は牧草地が延々と広がっておりました。
空には飛行機が飛んでおり、中には明らかに第二次大戦機と思われるレシプロ単発機が飛んでいました。
ひろ@広島さんによると、日の丸が書いてあったらしくどうも日本機らしい。
ロータススポーツのリサさんも近くにゼロをもっている人がいると言ってました。
が、いくら調べてもイングランドのNorfolkに飛行可能なゼロはない。
ロシアで数機つくられたというレプリカなのでしょうか???


スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://lotusexigetyper.blog53.fc2.com/tb.php/178-6e75de08



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。