Lotus Exige TypeR Blog
英国製ミッドシップ軽量スポーツカー Lotus Exige Type Rにまつわる日々の出来事
プロフィール

くろエク

Author:くろエク
Lotus Exige S1を所有。
エンジンはK20Aへコンバージョン
サーキット走行を趣味としています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Direxiv

昨年はPokka1000kmを鈴鹿へ観戦に行ってました。
凄い暑さであったのを良く憶えてます。
今年はCATVで観戦です。気になるのは

f0330985.gif
F-nippon、SuperGT
海外ではF1の下位カテゴリーのGP2でもマシンを走らせていました。
が、モータースポーツ活動は本日の鈴鹿1000kmで完全撤退だそうです。



20060821092928.jpg
GT300,クラス出場のDirexiv ADVAN 320Rです。
東京R&DのレーシングカーVEMACRD320Rです。
エンジンはHONDA NSXのエンジンC32Bを3.5Lへ排気量アップ。
馬力は380BHPらしい。
ENGINEチューナーはあの戸田レーシング。
本日のレースでは見事GT300クラス2位でフィニッシュ。
ポイントではGT300のポイントリーダーです。
次戦以降レースができるのかどうか心配であります。

GT300に出場しているVEMACにはこの他にも、無限(M-TEC)エンジンのWILLCOM ADVAN VEMAC 408Rという車もあります。
06t062m.jpg
こちらは無限のV8(MF458S(M-TEC))を搭載しています。

話がそれましたがDirexiv
piccionecarbig.jpg
写真のようにGP2でもこのカラーリングで車を走らせていて
一時はジャンアレジをシニアディレクターにF1に参戦というウワサまでもっともらしく聞こえてきていましたが、F1に参戦できなくなったのが親会社の投資ファンドの気に入らなかったのか、モータースポーツから完全撤退となりました。
将来はフルカーボンボディーの白エク号となりDirexivカラーリング参考にしようと思ってたのですが(笑)。
12_s.jpg
もともと東京R&DのレースクイーンであったDirexivの社長兼チーム監督 芳賀美里さんもFootwork F1のように一時の幻となったようです。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://lotusexigetyper.blog53.fc2.com/tb.php/162-3f2751ac



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。