Lotus Exige TypeR Blog
英国製ミッドシップ軽量スポーツカー Lotus Exige Type Rにまつわる日々の出来事
プロフィール

くろエク

Author:くろエク
Lotus Exige S1を所有。
エンジンはK20Aへコンバージョン
サーキット走行を趣味としています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



カレンダー

10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


童夢訪問 続き
童夢で見せていただいて気になった車。
2010.11.26 blog 1 
ダイハツX-021。
今から約20年!も前の1991年のモーターショーに市販前提のコンセプトカーとして登場。
当時大学生卒業間近であった、くろエクにもストライクゾーンでありました。
プッシュロッド式サスペンションなど、外観はファニーな印象ですが
非常に凝った作りだったように記憶しています。
エンジンはダイハツアプローズ(いまや懐かしい)の1.6L SOHC 140ps

此処に存在しているいうことは童夢が開発にかかわっていたわけですね。
2010.11.26 blog 2 
シンプルな内装。
当時はユーノスロードスターが華々しく登場し、オープン2シーターが
複数登場していた頃であります。
2010.11.26 blog 3
ダイハツのディーラーに、直接販売予定とか聞きに行きました。
発売予定が決まったら、連絡くれるように頼んだものの、結局お蔵入りに。
あれがダイハツディーラーに行った唯一の機会でしたなあ。
結局市販はされず、バブルがはじけ、今後ダイハツからスポーツカーが発売される
予定もないのではないか?と思われます。 

自分自身がロードスターで車にすっかりはまったことや、周りのロータスオーナーの多くがロードスターからの乗り換え組であることを考えると、若者の車離れの原因は若者だけでなく採算重視で乗って楽しいスポーツカーを作らなくなったメーカーの側にも責任はあるんでしょうね。

X-021の頃はロードスターにNSX、MR2、スープラ、ビートにカプチーノ等魅力的な車が沢山ありました。いい時代でしたね。 続く。  


[続きを読む]
スポンサーサイト

童夢訪問
先日童夢のファクトリーを訪問する機会があり、行ってきました。
2010.11.25 blog 1 
会社の正面。
車だけでなく、置いてあるイスやテーブルまでデザインが美しいです。
2010.11.25 blog 2 
童夢のはじまり、童夢-零。
御好意でドアを開けていただきました。
垂直に上方向に開くんですねえ。
2010.11.25 blog 3 
現在の童夢の最終進化型
S102です。
写真でしか見たことがありませんでしたが、実物は空力的にかなり洗練されている
印象でした。
ますます童夢のファンになりました。
できることならカーボンモノコックフレームの2座で小型スポーツカーを作ってほしいです。


久々に洗車
ほぼコレクションカーと化しているS.Z.
前回バッテリーを充電するところまでは行ったのですが
その後、また放置が続いております。
しかも前回は充電のみで、本体は埃だらけ・・・
昨日仕事終了後、思い立って洗車しました。
1ヶ月ぶりにエンジンを始動しましたが、今のところ一発始動。
寒くなるともう少しまめに乗らなくっちゃ。
2010.11.16 blog 3 
真っ暗な中洗車を頑張り、終了。
デジカメ高感度モードで撮ると、明るく映ります。
2010.11.16 blog 4 
ホイールもブラシで洗い洗車終了。

[続きを読む]

英才教育中?
最近いろいろと忙しくしております。
あんまり自分の時間はなくて、すこし空いた時間に
2010.11.16 blog 1 
忙しくしてくれている張本人とお散歩。
親の影響?もあり、車好きでもありますが今はミッフィー付きの
3輪車で運転の練習中

[続きを読む]



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。