Lotus Exige TypeR Blog
英国製ミッドシップ軽量スポーツカー Lotus Exige Type Rにまつわる日々の出来事
プロフィール

くろエク

Author:くろエク
Lotus Exige S1を所有。
エンジンはK20Aへコンバージョン
サーキット走行を趣味としています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



カレンダー

06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


続・切れると光るヒューズ
以前から気になっていたのですが、放置されていた切れると光るヒューズ、購入してみました。
購入したのはカスタムパーツ工房BRECE(ブリース)さん。
いろいろとマニアックなパーツをリリースしておられます。
2009.7.31 blog 1 
注文翌日、あっというまに届きました。

[続きを読む]
スポンサーサイト

阪神なんば線
先週の週末、日曜の午後になんばで所属する派閥?の
勉強会&親睦会がありました。
親睦会と言えばアルコールが出たりするので、バスで最寄りの駅の西九条へ
西九条はJRと今年完成した阪神なんば線に乗れるのですが
今回は難波で会があるので阪神の駅へ。
阪神なんば線に乗るのは2回目。
2009.7.31 blog 13 
真昼の西九条駅はめちゃくちゃ暑いのですが、人はまばらです。

[続きを読む]

ミハイル シューマッハF1暫定復帰

昨日HONDAに続いてBMWのF1撤退が発表されましたね。
やはりエンジン開発凍結などのルールがある現在のF1ではエンジンメーカーとしては費用対効果が見合わないのでしょうね。

先週末に行われた、F1ハンガリーグランプリで
予選中にブラウンGPのバリチェロのマシンから脱落したスプリングが
フェラーリのフェリペ・マッサのヘルメットを直撃し、マッサは意識障害を起こし
そのままタイヤバリアへ。


当たったスプリングの重量はわずか800gだそうですが、走っているマシンの時速が200km/h以上なので、衝撃ははかり知れません。


これはアニメーション映像。
前車から脱落したスプリングが4秒以上コース上で飛び跳ねていて、ちょうど次に現れたマシンのドライバーに当たるというのは偶然なのでしょうが、起こりえるトラブルですね。 

車載を見ていると、これだけの速度でcm単位のラインを走り、さまざまな複雑な機器を操作しレースをするというのはほんとに非凡な才能ですよね。
幸いにしてマッサ選手は現在のところ意識を回復し順調に経過しているようです。

 


[続きを読む]

切れると光るヒューズ

今回のトラブルのだいぶ前に発見。
新製品のヒューズ。
330389_2.jpg
なんと切れるとLEDが光って、切れたことをアピールするヒューズであります。
上の写真はミニ型。

他にも
330389_1.jpg
平型のヒューズも存在します。
ヒューズの型を調べて、大量に買い込もうと思っていたのですが
実作業に入る前にトラブルが発生してしまいました。
ちなみにエクシージS1のくろエク号はこちらのタイプでした。


[続きを読む]

復活のくろエク号

 七転八起。
くろエク号の修理と点検が終了したとの報告を受け、引き取りに行ってきました。
関西ではまだ梅雨が明けず、鬱陶しい天気が続きますが
土曜も働くようになったので、なかなか引き取りに行けません。

てなことを相談すると、平日の仕事終了後まで待っていただけることに
 
車楽工房さんへ夜8時過ぎに到着。
2009.7.23 blog 1 
足は左手前のくろエク末弟のZZTセリカ。
このセリカ、エンジンはエク2と一緒の2ZZエンジン。当初はカムが高回転側に切り替わるまではモッサリとしたエンジンであったがMDIやカムコン?の装着でかなり低回転からパワーが出て乗りやすく、スポーツカーらしいエンジンになっていた。
こんな感じなら2ZZでもいいかも?


[続きを読む]

イナーシャスイッチ
不動でドナドナのエクシージですが、イナーシャスイッチを押しこむことでエンジンは再始動し、なんとも復活しているようです。
EOSのwikiにも掲載されているのですが、車体に衝撃が加わると燃料供給がカットされる機構がついているのですが、イナーシャスイッチを押すことで燃料カットをリセットできます。

通常、燃料カットが作動した場合はセルは回るがエンジンはかからないという症状が出現するそうですが、
今回の症状は、エンジンはかかるがすぐにストールするという中途半端なものだったのですが、イナーシャスイッチは微妙に押し込まれた状態(中途半端なんですな)で止まっていたそうな・・・・
高速道の継ぎ目や路面のギャップを乗り越える時の微妙な振動でスイッチが上がってきたということなんですかねえ。

ガレージ内でもイナーシャスイッチ押してみようとトライしたのですが、コレクタータンクが邪魔で手が入らなかったように思ったのですが・・・
てっきりイナーシャスイッチが原因の場合は燃料カットが0か100で起こると思ってましたが間の場合もあるわけですねえ。

設置場所は左後ろのサブフレームにある黒いスイッチです。
セルが回ってもストールするような場合、一度場所を確認しておいて非常時にチェックしましょう。
まだまだ勉強不足で積極的に自分でやってみるという精神が不足してますね。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。