FC2ブログ
Lotus Exige TypeR Blog
英国製ミッドシップ軽量スポーツカー Lotus Exige Type Rにまつわる日々の出来事
プロフィール

くろエク

Author:くろエク
Lotus Exige S1を所有。
エンジンはK20Aへコンバージョン
サーキット走行を趣味としています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



カレンダー

10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



F1合同テスト バルセロナ

superaguri F1が撤退後、全く振るわないHonda F1と
予算がF1界で1番といわれながらもいま一つなToyota。
われわれの世代では小さい頃の憧れだった中嶋悟氏のJrである中嶋一貴
 もwilliams Toyotaでは走っているものの、期待はされているが、Toyotaのエンジン提供の見返りでの採用という感じが拭い去れずなんとも盛り上がらない。

2つのワークスチームが参戦しながら、日本人ドライバーが実力でレギュラードライバーになることは無理なのでしょうか?

特にHondaについては、どうせフォースインディアと最下位争いしているのであれば、いわばホンダワークスドライバーの一人ぐらい乗せられなくて何のための参戦か、もはや意味不明であります。

そんな中、SRS首席で卒業、英国F3チャンプからHondaF1→superaguri F1と決して戦闘力の高くないマシンでも
なかなか見せる走りをしてくれた佐藤琢磨選手がtororossoのマシンでF1合同テストに参加。

069_convert_20081118182408.jpg 
バルセロナテスト 2008/11/17
1 佐藤琢磨 トロ・ロッソ 1:20.763 121周

とトップタイムをマークしました。
まあ、テストですし暫定マシンですから、なんとも言えないところもありますが、日本のエースドライバーに実力で正シートをゲットしてもらいたいところです。



[続きを読む]
スポンサーサイト