Lotus Exige TypeR Blog
英国製ミッドシップ軽量スポーツカー Lotus Exige Type Rにまつわる日々の出来事
プロフィール

くろエク

Author:くろエク
Lotus Exige S1を所有。
エンジンはK20Aへコンバージョン
サーキット走行を趣味としています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



カレンダー

06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


暑中お見舞い申し上げます

長らくご無沙汰しておりましたが、猛暑日が続きます。

地球温暖化を実感として感じながら、少しずつCO2削減には貢献しようと
自分なりに努力を始めた今日この頃、
ベランダで野菜を育てたりしてます

2008.7.23 blog 1 
エクシージはトラブルもあったのですが、もはやこの暑さではドライバーがもちません。
すでに日常生活でもすっかり夏バテ気味の私には大阪の街中でエアコンレスは耐えられません。まあ、おっさんになってきたということなのでしょう。
渋滞の中でのタンクローリーとコラボで1枚。

セカンドカー?のAlfaromeo S.Z.。
生産後今年で17年目を迎えて、ネオクラシックな雰囲気を醸し出しつつありますが、一応エアコンはついておりまして、走っているとそこそこ冷えます。
真夏の炎天下の渋滞はおそらく無理ではないかと思いますが、それさえ避ければ結構頑張ってくれます。
2008.7.23 blog 2 
ですが、休みであってないような最近のくろエクですが、それなりにストレスフルなので、ちょっと避暑に長野までロングドライブに行ってきました。


[続きを読む]
スポンサーサイト

トラブルその後
カッキーのドラレス参加時にドラシャのシャフトブーツが脱落するというトラブルに見舞われ、大事をとって半日で涙の早退をして帰ってきたのですが・・・
2008.6.30 blog 7
ドラレス時にリアタイヤの後方内側から覗くと矢印の部分のブーツの先端を残して本体部が消失しているのが確認できました。
2008.7.8 blog 1
リアタイヤを外して確認の図。
センター部が消失しグリスが流れ出しベアリングが見えてます

[続きを読む]

送別会

他の人の送別会には散々参加してきましたが、今回は自分自身の送別会を開催していただきました。
褒めるのは当たり前とはいえ、10年以上艱難辛苦をともにした上司からは、自分の育てた中では最高傑作とまで言っていただいた。
2年と3か月働いたこの世の果ても、ともに戦う戦友たちは、信頼できいい人ばかりでありました。
これからは、自分の思い通りに世界を作っていけるはず、なのでユートピアを目指して頑張っていこうと思ってます。

2008.6.30 blog 1
写真は2次会終了後の西梅田。
このあたりは深夜は閑散として、なかなかきれいで良い雰囲気。
もう都心へ出ることもないでしょうなあ。




カッキードラレス(当日編)

一夜明けて、ドライビングレッスン当日の朝、
めいほうスキー場は土砂降りです。
会場に車を持って行くとき、すでに湿気で窓が曇って前が見えません。
荷物を屋根つきの階段のところにおろしたりしますが
その間にも、人も車の中もびしょ濡れ。
靴の中にまで水が侵入してきます。
午前中のレッスンは、スラローム練習と、定常円練習をそれぞれテーマにした2コース。
2008.7.1 blog 1
参加者のTOMさんに頂いた、写真。
スラロームコースの最後、黄色のパイロンで360度ターンのところ。
かなり大回りですね。大雨の程度が解って頂けるかと思います。

2008.7.1 blog 2
これも同じく360度ターンの進入?(TOMさん提供)
2008.7.1 blog 3
360度ターン後半。(TOMさん提供)
2008.6.30 blog 8
雨のコースでのジムカーナレッスン自体は非常に面白く、グリップの限界が低いので、テールスライドさせたり、いろいろなことが比較的低いスピードレンジで、でき雨でよかった感じでした。
ホント楽しかったです。
写真は昨日頂いた、ラミネート加工されたかっこいい写真。
見ようによっては池の上を走っているようにも見えますが、こんな雨のなかでした。S1エクはフロントピラーとウィンドウの上端の部分から、雨がひどくなると雨漏りがするので、待ち時間の間は曇りとりと雨漏りの水拭きにいそしんでおりました。




[続きを読む]



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。