FC2ブログ
Lotus Exige TypeR Blog
英国製ミッドシップ軽量スポーツカー Lotus Exige Type Rにまつわる日々の出来事
プロフィール

くろエク

Author:くろエク
Lotus Exige S1を所有。
エンジンはK20Aへコンバージョン
サーキット走行を趣味としています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



カレンダー

07 | 2007/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



オイルキャッチタンク
コンバージョン前のローバーK VHPDエンジンは4スロがサーキットを走るとすぐに調整を要するようになっていました。
4スロの精度がいまひとつなことが主因でしたが、
その原因の一つが、エンジンからでるブローバイガスがインマニに戻され、汚れの原因になっていることだと思われました。
で、今回オイルキャッチタンクもつけてもらうことにしました。
20070812003658.jpg
エクのエンジンルームはもはやスペースがなく、仕方なくトランクスペースに装着予定となりました。
ラジエターのリザーバータンク(樹脂製)をアルミにしてキャッチタンクと一緒にバルクヘッドにつけるのはどうですか?
と素人なりに提案してみたのですが、ブローバイガスの熱で、リザーバタンク内の冷却液が沸騰してしまうらしいので却下となりました。

メカニズムはMidblueさんのページに詳しいので参照ください。
http://www.oldradio.jp/Elise/OilCatch/
すごいお人です。


スポンサーサイト