Lotus Exige TypeR Blog
英国製ミッドシップ軽量スポーツカー Lotus Exige Type Rにまつわる日々の出来事
プロフィール

くろエク

Author:くろエク
Lotus Exige S1を所有。
エンジンはK20Aへコンバージョン
サーキット走行を趣味としています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



カレンダー

07 | 2007/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


micro SD
i-pod nanoは使っていましたが、micro SDとは特に縁がなかったのですが、今回携帯を更新して、ミュージックプレイヤーとして使用できるとのことで、携帯用にメモリを購入しに行ってきました。
20070825084610.jpg
購入したのはPanasonic製2GB micro SD。著作権保護対応でないと私の携帯では使用できないらしい。
それにしても実売価格6000円弱。
その昔、PC用のメモリを1GB 10万近く出して購入した私としては隔世の感があります。
20070825084623.jpg
パッケージを開けてみたところ。
ちなみにmicro SD本体は左の小さいもので、右の大きいほうは、従来のSDカードスロットへ挿入時に使用するアダプターであります。


[続きを読む]
スポンサーサイト

続・完璧です。

今日もTK-sportDiaryを見てますと、くろエク号の姿が・・・
ラジエターのリザーバータンクの下方に見えるのが、アルミのインテークパイプ。この微妙なスペースにスムーズな配管をするため、リザーバタンクはわざわざ移設してくださったそうです。
20070828013019.jpg
エンジンルーム綺麗です。
やっぱ、綺麗な仕事は必ずしもいい仕事とはいえないかもしれませんが、いい仕事をしようとすると必然的に美しくまとめることも後々のことを考えると重要となるのでしょう。


公園の散歩をしていると、あいかわらず暑さは続くものの、蝉の鳴き声はかなり少なくなり、地面は蝉の死骸がたくさん落ちてます。
蝉は死をもって秋をつげているんでしょうなあ。
もうすぐ秋。あんなこんなで1年経ってしまいました。
ちなみに本日28日はくろエク39歳の誕生日。
30代の最後の1年。悔いの無いように生きたいと思います。




完璧です
毎日、楽しみにみているTK-SportDiaryで、出てました、くろエク号。 前回はオイルキャッチタンクをスペース無いのでトランクスペースにということでしたが 親方やってくれました。感謝感激雨あられです。 曰く “これでどうですか・・・?” もちろん完璧です。 これで2名乗車でサーキットにいけます。 ほんの僅かなトランクスペースと貧しいリアの視界ですが、オーナーとしては普段も乗りたいわけでして、トランクスペースとリアの視界は現状で維持したいものなのであります。 これだけの装備品を飲み込んで大丈夫なのはエク1ならではでしょうね。 2007.8.26 blog 1 更にコレクタータンクやフューエルポンプのオイルラインはアールズの上級のメッシュホースで組んでいただきました。 残った道のりも少しずつ踏破してきております。

リベンジ

まだまだ暑い日が続きます。
といっても乗る車もなく、普段エアコンの比較的よく効いた環境で仕事をしているくろエクとしては、休みの日の暑さにやられています。
休みの日のほうが暑くてばててます。


そこで、この間いって涼しくなった、京はやしやに再度挑戦してきました。
20070825083003.jpg
しかしこのヒルトンプラザウェスト店では写真のようなかき氷しか頼めません。
やはり、立地の関係でしょうか?
お茶好きの私としてはアイスやソフトや白玉は別に不要なんですけど・・・
にしても空調効きすぎで氷がなくなるころには寒くて鳥肌がたちます

みんなだいたい冷たいものを食べているので、もう少しエコな温度設定をお願いしたいものです。



オイルキャッチタンク
コンバージョン前のローバーK VHPDエンジンは4スロがサーキットを走るとすぐに調整を要するようになっていました。
4スロの精度がいまひとつなことが主因でしたが、
その原因の一つが、エンジンからでるブローバイガスがインマニに戻され、汚れの原因になっていることだと思われました。
で、今回オイルキャッチタンクもつけてもらうことにしました。
20070812003658.jpg
エクのエンジンルームはもはやスペースがなく、仕方なくトランクスペースに装着予定となりました。
ラジエターのリザーバータンク(樹脂製)をアルミにしてキャッチタンクと一緒にバルクヘッドにつけるのはどうですか?
と素人なりに提案してみたのですが、ブローバイガスの熱で、リザーバタンク内の冷却液が沸騰してしまうらしいので却下となりました。

メカニズムはMidblueさんのページに詳しいので参照ください。
http://www.oldradio.jp/Elise/OilCatch/
すごいお人です。



New BMW M3 Coupe
新型BMW M3 Coupeが日本でも発表になりました。
20070821161301.jpg
4L V8で420ps。
車重も1630kg.。
BMWのエンジンと、完成度の高さからすると欲しくなるモデルです。
Z4M Coupeにくらべて、荷物も乗り車内も広く使い勝手がよさそうなのもよさそうなポイント。
同じM3でもE30M3とは随分違って大きいです。
お値段も996万(税込み)。
サイズがこれだけ大きくなってくると、ちょっと前のM5とあんまり変わらんですね。E30M3世代としては1シリーズのMに期待したいところです。
だれかNew M3と僕のAlfaromeo ES30 S.Z.(補修パーツもたくさんストック)と交換してくれんやろか?




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。