FC2ブログ
Lotus Exige TypeR Blog
英国製ミッドシップ軽量スポーツカー Lotus Exige Type Rにまつわる日々の出来事
プロフィール

くろエク

Author:くろエク
Lotus Exige S1を所有。
エンジンはK20Aへコンバージョン
サーキット走行を趣味としています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



カレンダー

06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



現在改良中。

車のチューニングはとっても楽しいです。
それはパーツの違いを味わえるからだけではなく、違ったものを試すことによってパーツ交換による車の変化を体感できるからであります。
簡単なところではタイヤやホイール、シート、サスペンション(奥が深いですが)など。
難しいところではクラッチやLSDまで。
いろいろ体験することによってパーツによる車の動きの違いを体感し理解することができます。
雑誌に書いてある内容を実体験することによって自分の体で感じて自分の知識にできるという感じでしょうか?
だから、できることならひとつづつパーツは交換し、体感していった方がよりパーツについての理解が深まると思います(実際は作業工賃などの関係でいっぺんにやってしまいたくなったりするのですが)。

いろいろと改良作業(なかには改悪されることあり)をやっていると、中でも自分の体が触れる部分、すなわちシートやステアリングのポジションやフィッティング、さらにシフトフィールといったことがよりドライビングに大きな影響を与えると言うことがわかってきました。

で、現在くろエク号が入庫中のTK-Sportの代表である“親方”がこのあたりのフィーリングや精度に恐ろしくこだわりのある御仁。
HONDA K20Aにエンジンコンバージョンをして、ただでさえマイナーなのに、更なるマイナー車種となっているくろエク号の操作系を改良して下さってます。20070628003240.jpg

TK-sportさんのブログより拝借のくろエク号画像(なんかいろんなものが
車内にあります)。
写真中央のシフトレバーのあたりに改良が加えられ、シフトストッパーが装着されております。
この改良によりこころおきなく5速、6速の稲妻シフト(笑)が可能になり、エンジンパワーが増えたものの今ひとつタイムにつながらないあたりを
操作系の改良で気持ちよく操作できるようになる予定。
20070628002945.jpg
あとは以前も報告したシフトリンケージの改良。


[続きを読む]
スポンサーサイト