Lotus Exige TypeR Blog
英国製ミッドシップ軽量スポーツカー Lotus Exige Type Rにまつわる日々の出来事
プロフィール

くろエク

Author:くろエク
Lotus Exige S1を所有。
エンジンはK20Aへコンバージョン
サーキット走行を趣味としています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



カレンダー

02 | 2006/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


悲報

くろエク兄弟は男ばかりの兄弟であり、実兄スカルを始め、趣味の方向は違うがみな車好きであります。

先日、そんな実弟からメールあり、くろエク号に乗ってみたいとのこと。
実弟はかつてSUBARUから発売されたimpressa WRCレプリカモデルの22Bを所有しており、一緒にサーキットへもたびたび行く仲であります。
ここは快く貸してあげることとし、ステアリングの装着方法、エンジンのかけ方など親切に教えてあげました。
仕事が忙しく、その場に立ち会うことは出来そうになかったのですが、一日乗せて欲しいとのこと。快く引き受けました。
で、ロータス試乗記なるメールが来ました。


[続きを読む]
スポンサーサイト

バッフルプレートオイルパン

20060326121054.jpg
写真は、高速コーナリング時などオイルパン内のオイルが偏ったときに、最悪オイルポンプが空気を吸ってエンジンブローするのを防ぐ目的でバッフルプレートという仕切り版をオイルパン内に設置したバッフルプレートオイルパン(つまり対横G加工オイルパン)(HONDA K20用)であります。


ローバーK VHPDエンジンのときは鈴鹿フルコースの130Rを160km+αぐらいの速度でコーナリングするとオイルチェックランプが一瞬点灯し、オイルの偏りが起こっているらしきことが推測されヒヤッとしました。そのときはオイル量をmax付近まで増量することで対応し、オイルパン加工なんかはしなかったのですが、オイル量を増やすとブローバイガスが増えてインマニがベタベタになるなどネガティブな影響もあったみたいです。


少なくとも私の知る限りではオイルパンを加工したエクオーナーは関西にはいないと思いますが、強者揃いの関東勢では一般的なのかもしれません。


[続きを読む]

続・続ステアリング妄想ー実践編

夜中に現状の把握後、また職場へ行って仕事をし、その後ステアリングについて問い合わせをしていたショップへ行くことにしました。
20060327121619.jpg
今回お邪魔したのは、今年宝塚にオープンしたばかりのANDAREさんです。
20060327121649.jpg
お店の前の駐車スペースに停めさせていただきました。ディフューザーと地面との隙間がほとんどありません(笑)。


[続きを読む]

続・続ステアリング妄想ー現状把握編


週末、やっと時間が少し取れたのでガレージへ行きステアリングを外し
現状のチェックを行った。
20060327121507.jpg
MOMOのJET320mm 直径320mmであるが、ステアリングセンターは1.5cmほどオフセットしている。これが僕的にはタイトコーナーでステアリングを廻したときの違和感に繋がっているようであります。
20060327121552.jpg
次に横方向ですが、TMRリムーバブルボスがついたままの状態です。ステアリングのセンターから、ボスの取り付け面まで約2cmオフセットしています。これから考えられることは、オフセット0のステアリングを選べば、2cmステアリングは奥へ引っ込み、現状で僕が感じているステアリングが近いという感覚も改善されるはずです。 実践編へ続く



Alfaromeo S.Z.車検 その2

20060326003824.jpg
S.Z.の車検を今回お願いしましたが、今回の僕の条件はあと10年乗れるようにしてくださいということでした。
社長さんと相談の上、今後必要になるであろうパーツもいくつかリストアップして取り寄せてもらうこととなりました。
Alfaromeo75ベースのS.Z.は生産後15年を経て、ベースの75の部品も欠品が多くなってきているらしいです。
で重要パーツは取りよせをお願い致しました。


 


[続きを読む]

Alfaromeo S.Z.車検

20060326004033.jpg


本日はS.Z.を兄貴のマスタングでバッテリージャンプしていただき。エンジン始動し、そのまま神戸のフルヴィアートへ車検整備をお願いしにいってまいりました。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。