FC2ブログ
Lotus Exige TypeR Blog
英国製ミッドシップ軽量スポーツカー Lotus Exige Type Rにまつわる日々の出来事
プロフィール

くろエク

Author:くろエク
Lotus Exige S1を所有。
エンジンはK20Aへコンバージョン
サーキット走行を趣味としています。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



カレンダー

01 | 2006/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



AlfaRomeo S.Z.(ES30) 

ES30SZ.jpg


ロ-タスエクシージS1ともう一台くろエクはアルファロメオS.Z.を所有しています。


出会いは1989年ジュネーブショーの雑誌記事でありました。CG等の記事を読み漁り、Alfa75のGroupA仕様シャシーベースのスペシャルマシンであること、エンジンはAlfa V6 SOHC 3.0L 210psであること、製作はZagatoで行われ限定1000台が発売予定であること。さらに最大求心Gが1.0Gを超えるスーパーハンドリングマシーンが謳われていることなどを知った。


が、ここからが問題である。ショーの時点で1000台は注文が殺到しすでに受付終了している。現地価格は確か1万リラ当時の日本円換算で1100万ほどであったと記憶している。で、試乗記事とかを読むとスーパーハンドリングマシーンと書いてあり、この威圧感のある顔、車高の低さなどすごく気に入ったが、価格がとても手が届かない。借金しても買うべき車も存在しないなどいったんはあきらめざるを得なかったのであった。


実際のS.Z.が発売され始めた1991年。日本はバブル真っ最中。限定車であったS.Z.にもその影響は顕著に現れ一時は1800万の値がついたりしていた。そしてバブル崩壊。これが私の人生を変えるのである。


[続きを読む]
スポンサーサイト



テーマ:AlfaRomeo - ジャンル:車・バイク